私のヒーリング&アンチエイジング

好きな事・好きな場所・好きな物・・・ いつまでも元気に若々しく

June 2008

リフレッシュ

b13dff6f.jpg2951f8bd.jpg
友達からディズニーランドのパスポートをプレゼントしてもらい、チケット有効期限最終日の今日、行ってきました、ディズニーシー。日頃の行いが良い為か、かなりラッキーな一日だった。


545ef651.jpgaebfa56a.jpg
9:30頃のちょっと遅めの出発。主婦は朝は忙しいのよね。ゴミ出しやお洗濯や台所の片付けなどの家事を済ませ、いざ出発

メディテレーニアンハーバーでのショーを横目でみながらまずはランチ。昨日の天気と今朝の天気と週始めと学生の試験前などの事柄が微妙に重なったせいか、ディズニーにしては今日は空いていたのだと思う。他の日と比較できるほどディズニーランドに行ってないので、よくわからないけれど、ランチに入ったお店も空いていたし、2階のバルコニー側の席にも座ることもでき、ここから外で行われていたショーもバッチリ見えた 好調なスタート、なかなかいい感じ 食事の後、目指すはロストリバーデルタ。行き方をお姉さんに聞いてみると、「すぐそこから出ている蒸気船で行くのがいいですよ」とのこと。まず今日最初の乗り物は お姉さんにおしえてもらったおかげで、早くて楽な方法で到着できた。このエリアは若者に人気らしく、一番ハード?なアトラクションが揃っている。今日は空いていたおかげで、待ち時間も10分弱。ファストパスを取らなくたって、普通に並んでもどんどんいけちゃう ここで、インディ・ジョーンズ・アドベンチャー、レイジングスピリッツの乗った。レイジングスピリッツは一回転するローラーコースター そこからマーメイドラグーンを通り抜け、その途中でトビウオに乗って駆け抜けるコースターに乗り、ミステリアスアイランドへ。センターオブジアース、海底2万マイルのアトラクションで遊び、ポートディスカバリーエリアへ。ここで、ストームライダー、アクアトピアに乗り、アメリカンウォーターフロントエリアへ。このエリアはニューヨークとケープコッドをテーマに20世紀初頭のアメリカの街並みが続いている。豪華客船の前のステージでのショーも見れたしラッキー このエリアの人気アトラクション、タワー・オブ・テラーも15分待ちぐらいだったので制覇。アラビアンコーストには時間の関係で行けなかったけれど、かなり満喫して遊んできたわ 夜のショーもカットして、帰りが混む前に一足早く退散したおかげで、21:30過ぎには帰宅。

ディズニーシーはオープン前のプレ営業の時に、やはりお友達から誘ってもらい、行った時以来だし、ディズニーランドに行ったのはそのさらに前。久しぶりに童心に返り楽しんできたけれど、若い時に比べると、度胸も肝も年齢を重ね据わった為か、あまり恐さや感激が薄れている気がした。可愛げもなくなりただの肝っ玉母さんになってしまったみたい 
でも、今日一日に感謝感謝、最高の一日でした

リサイクル

まだ購入してから2年も使っていないけれど、息子の部屋にある3人かけのソファーが不要になり、どうしようか考えていた。粗大ゴミに出すにはまだ新しくきれいだし、引き取りにもお金がかかるし・・・そこで、タウンページのリサイクルショップを調べ、電話をして買取をお願いすることにした。この際、ソファーだけでなく片付けもして、ついでに全部引き取ってもらうことにした。息子がもう着ない洋服やジーンズ、傘、食器、ケンドーンの絵、などかなり大量に出した。お店の担当者は、「かなり何でも引き取れま」とニコニコ笑いながら言った。確かに何でも大丈夫だったけれど、買取の値段を聞いてちょっとショック たぶん、ソファー以外は値段なんかないのだろう 値段に関すれば、引越しの後、最近使っていなかったバッグや靴や小物を、近所のリサイクルショップで売却を依頼した時の方が、ずーっとよかったような・・・

一瞬、損した気分にもなったけれど、我が家にあっても屋根裏に葬られている訳だし、とっておいても使わないのだから、それなら、無料で引き取られたとしても、リサイクル品として、それらがまた再生され誰かに使ってもらうほうが、価値がありいいよね。でもその前に、使わないなら買うなってことなんだけどね・・・ 無駄の多い私なんだわ〜

先日は息子に、台所にある賞味期限切れのものを全て処分された。ドレッシングや調味料など、たまにしか使わない冷蔵庫の中身まで、きれいさっぱり。

つい、こまめに片付けや整理を忘れる為、誰かに強制的にされないと、自分ではしないのよね。もっともっと要らない物がたくさんあるはずだから、これからはシンプルな生き方を目標に、無駄をなくすよう意識していくわ〜

完全ノックアウト

16d7f0b3.jpg98d3ea68.jpg
5c96de82.jpg51b256eb.jpg
久しぶりに散歩に出た。一時間ぐらいママに歩かされたかな・・最近お天気が悪くて、外に出ていなかったので、僕も体力が余っていた。でも、完全燃焼だ。朝からわんわん元気に吠えていたら、ママに連れ出されちゃった。お兄ちゃんにいつもより早く起こされたし、朝から散歩というかまるで競歩のごとく歩いてきたので、さすがの僕も疲れたよ。たっぷり寝たいところだけど、音には敏感な僕なんだよなぁ〜皆静かにしていてね。

ストレス発散

私は、年に何回か、会社の同期での飲み会の後、カラオケに行くことがある。先週誕生日を迎えた友達は、もう何年もカラオケなんて行ったことがないのだとか・・ 一週間遅れのお誕生日会なんて口実をつけ、二人で近所のカラオケに行った。

私も普段はほとんど行かないので、最近のカラオケ店のシステムがあまりよくわからない。ソフトドリンクの飲み放題が100円プラスとの事だったので、それもつけてみた。グラスと部屋番号の伝票を渡されお部屋へGO

グラスを渡されたものの、どこで飲み物を入れるのかわからず、インターホンで注文してしまったら、フリードリンクの飲み物はフロント前にそのコーナーがあるのだとか・・・ 「フリードリンクにしたのよ、どうしようこのウーロン茶?」とお兄さんに詰め寄ったので、注文してしまったウーロン茶はサービス?というかよくわからないけれど無料になったのかも・・

何を唄うにしても、曲名もわからないし探すのが大変なんだよね〜 でもすごいの、リモコンのあの頃を選択し「私は現在○○才なので、○○才の時の歌をさがす」と年齢を入力すると、その時代の曲名がずらっと出てきて、懐かしいやら昔の記憶が蘇るやら、とても感激しちゃったわ

友達は小学生時代まで時代を後戻りさせていた。さすがに、こんな曲歌っているのは私達くらいだよね。最近の歌は全く覚えられないのに、昔の曲はよく覚えている、これってその頃も記憶力がよかった証かしらね〜

部屋も二人では充分広かったので、友達はフラダンスのステップの復習?に、流れる曲にあわせて踊っていたけれど、これが意外にも、どの歌にもあってしまい笑えた

たまには、こういうストレスの発散方法も、楽しくていいかも〜

市民講座

fdb82308.jpg第8回日本抗加齢医学会総会、一般向け市民公開講座に誘われて、文京シビックセンターへ行った。区民センターとは思えない立派な建物にびっくり。最近75才でエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎さんが「いつまでも若々しく生きるために」というテーマで講演し、アンチエイジングには、食事・運動・生きがいの3つが必要で、どれかが欠けたらだめなんだとか。今の私にはどれも欠けているかも・・「若々しく生きるための食事」というテーマで今回の総会会長である順天堂大学教授の白澤卓二氏が講演し、食事は腹7分目が一番長生きできることが、動物実験で証明されていると言っていた。「美しく生きるための運動」というテーマで厚生労働大臣任命の健康大使・中尾和子さんが講演し、にわかに始める運動より、呼吸の仕方と自分の意識で、いくらでも自分の肉体を若々しく保つことが日常生活の中でできるとのことだった。白澤教授はアンチエイジングのメニューをレストランとコラボで展開し、静かな?ブームを巻き起こしているらしい。緑黄野菜にはアンチエイジングにかかせない、良い成分がいっぱいあるので、たくさん食べて若返ろう

生きがいもみつけなくちゃ〜

主婦の味方、エラワン

29b40a6c.jpg新宿アドホックビル8階のタイ料理の店、エラワンは主婦にとって強い味方です。ランチはバイキングで1050円、時間制限なし。おしゃべりしていると時間が経つのは早いもので、エスニック好きな主婦ならば、お金をかけずにゆっくり友達と語り合える貴重な場所かも



帰宅後、ヴィンちゃんと散歩に出かけた。公園の水がたまっている所をバシャバシャ歩いたり口をつけたりしていたので、ばい菌から身を守る為?初めて家でシャンプーをしてみた。しかし、予想外の結果で、私のやり方が下手なのか、シャンプーが終わった後も、吠えたり噛み付いたり、完全に怒っていた そんなにいやだったのかなぁ・・いつもトリミングをお願いしている所のお姉さんが、「シャンプーの時もカットの時もおりこうさんですよ」と言ってたから、シャンプー好きなのかと思っていたのになぁ〜 私のシャンプーは今宵限り封印だわ・・ こんなに吠えられたら近所迷惑間違いなしだもの  プロにお任せしま〜す。

夏らしく・・

f6421d2e.jpg902da4ae.jpg


久しぶりにネイルに行き気分転換 入院の為、短く切った爪がやっと伸びてきたのに、薬指の爪が無残にも折れたので、ベースはあまり目立たない肌の色に近いピンクにし、爪先にゴールドのラメを入れ、白い花とリボンのアートを入れてみた。どこが夏って思うかもしれない。単純に白い柄にした点だけなのよね・・・

私の部屋の壁に飾ってあった額も夏らしくチェンジ 白い額で夏を意識な〜んてね

自己満足に過ぎないけれど、自分が楽しければそれでいいのよね。楽しい気分がさらに楽しい気分になる要素を引き寄せてくれそうでしょ

公園デビュー

我が家の末っ子ヴィンちゃんが、とうとう自分の足で、近所の公園まで散歩できるようになった。近所と言っても家から歩いて20分ぐらいかかるので結構遠い・・

途中から私の友達が合流したので、二人+一匹でかなり長い時間を外で過ごした。お天気がいい日は思いっきり外にいるのも気持ちいいよね それにチョッピリ、ウォーキング気分にもなったし、かなりいい感じだ

まだまだ腕白盛りの子供なので、どうも散歩のペースがつかめず、四苦八苦していた。クンクン臭いを嗅いでいるか、広い食いをするか、座り込んでそこから動かなくなるか、歩いている時間より、他の時間の方が長かったのに、とうとう散歩らしくなってきた。ホント不思議なもので、犬を連れているだけで、知らない人とコミュニケーションが始まる。犬連れの人だけでなく、ヨチヨチ歩きの子供連れも、意外と寄ってくるのだよ・・「わんわん」とか言いながら

うちのわんわんだけでなく私もお腹が空いたし喉も渇いたし、ちょっと一休みしたくなった。最初は自販機で何か飲み物買って、その辺で飲もうかなんて言ってたけど、体育館横のお店は外にイスとテーブルがあったのを思い出し、初めて犬連れでオープンカフェ気分を味わった。メインは中華というか台湾料理というか、アジアのエスニック料理。近くにこんな場所があるなんてホント便利 私はエスニック大好きなので、トムヤンクンにフォーを選び、タイとベトナムのコラボにしてみた。麺はフォーかラーメンを選べる。

そのお店のオープンテラス?で同じジャックラッセルテリアを連れて食事をしている人に出会った。ヴィンちゃんより、一回りぐらい小さくて、おまけに足が長く、顔も小さくて、モデルのようなスタイルだった。向こうから声をかけられ、激しく活発にわんこ同士遊んだ。同じジャックラッセルテリアだと何だか安心なんだよね。じゃれようが何しようが、お互いにやんちゃな犬種であることを知っているからね。その若夫婦は今日初めて光が丘公園に来たのだとか・・10キロぐらい離れているらしいが自転車で来たと言っていた。わんちゃんはずっと走ってきたのかなぁ・・ありえないよね なんでも、城北公園にはドッグランがあり、そこはジャックラッセルテリアがたくさん走り回っているのだとか・・そんなにジャックが多いなら、逆に他の犬種は入ってこれないのかも

首輪から胴輪に変えたのが良かったのかもね、こんなにお散歩ができるようになったのも・・毎日試行錯誤の連発だわ〜

ストレスケア・カウンセラー養成一日体験講座

ストレスは誰にでもあるみたいだけど、これをストレスと感じるか感じないかで、かなり違ってくるようだ。ストレスがないと思う人は、ストレスに耐える力が強いだけなのだとか・・

「ストレス」とは、外部からの「刺激」のことなので、ストレスが無い人はいないのだそうだ。でも、健康であればストレスも跳ね返せるが、不健康ならば心や体が壊れて、「ウツ」「対人恐怖症」「胃潰瘍」「頭痛」というような重いものから、「肌あれ」「食欲不振」など様々な症状が出るらしい。

こんなストレスも適度な刺激は、程よい緊張感を生み生産性も高まるが、ストレスレベルが高すぎても低すぎても生産性は落ちるという結果が出ているので、ストレスもポジティブに考えれば役に立つのかもね・・ということは、ストレスには、「よいストレス」と「悪いストレス」があるので、「悪いストレス」に耐える力が必要。ストレス耐性を上げれば、皆元気になれるみたいなのよね

ストレスを感じた時、自分の癖を知り自分がどういう反応をするか認知できると、自分の行動を変えることができ、気持ちも晴れてくるらしい。

ストレスを解放する為の3つのR
REST 
RECREATION 
RELAXATION

ストレスケアカウンセリングを学ぶことで、自己管理・疲労回復・過労防止など自分のためにも役立つし、企業内では労務管理・CSR対策・部下指導・経営戦略・社内研修講師などいろんな場面に活用できるそうだ。

私はこの講座に参加していた為、帰宅するまで全く秋葉原の事件を知らなかった。コミュニケーションの取り方がわからない為、人間関係も築けず、世の中から孤立し、心と体が病んでしまい、最悪の事態になってしまったのだろう。もうこのような悲惨な出来事を起こさない為にも、ストレスケアカウンセラーの存在が必要なのかも・・話を聞くではなく、耳を傾け聴いてくれる人がいれば、救われる人も多くなるのかも・・

浦島太郎

今週から仕事にも復帰し、今までの生活が完全に戻った。
昨日久しぶりに会社に行ってみると、エレベーターが開いて飛びこんだ景色は、まるで別の会社に来たようだった。ビルの改装工事が私の入院中に予定されていたのだが、こんなに変わるとは・・・エレベーターの扉も会社の入り口のドアもトイレの扉まで木目調の格調高い?ものになっていた。トイレはウォシュレットが付き、まるでどこかのホテル並みにきれいになっていた。全てが自動なのかと思うくらいで、どうやって水を流すのか全くわからなかった。壁に取り付けてあるものをいろいろ押してみたが、何も変わらず困ってしまった。結局、水に関しては今まで通り手動である事に気がつくまで、数分かかったかも・・・

出社すると、電話器にまず自分のIDナンバーをログインさせるのだが、この番号も情けないことにすっかり忘れていた。

しばらく休んでいたので、どこか行ってたの?と聞かれた。また海外?なんて・・そして、私は笑顔で「病院に入院してたの」と。「ウッソ〜、てっきりまた旅行かと思っていた」と・・「髪も切ったんだね」と言われたので、「手術に備え短くしたのよ」と・・そしてまたビックリ。でも、なかなか好評?だった。短くすると、益々短くしたくなる。次回は、後髪をえりあしぐらい短くしようかなぁ・・いつも、美容師さんと、何歳までロングでいけるか話をするけれど、髪の量が少なくなり、つやがなくなってきたら、もうやめた方がいいとか・・老けて垢抜けなく見えるみたいなのよね。幸い、私は髪の量が多く栄養も良いみたいで、この年齢にしたら自信持っていいよ、と太鼓判を押された。とにかく面倒くさがりなので、若い時から、シャンプーの後は洗って洗いっぱなし、髪が冷たくても平気で寝てしまう、このものぐさが、ドライヤーの熱で髪を傷めることなく、現在に至っているようだ。

せめて頭だけは、浦島太郎にならないように気をつけなくちゃね

Profile
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ