私のヒーリング&アンチエイジング

好きな事・好きな場所・好きな物・・・ いつまでも元気に若々しく

October 2013

女子旅 お伊勢参り 3日目最終日

朝、食事の前にホテル内をお散歩しました

ロビーではコーヒーのサービスが・・・

月 220


月 221


ここはかなり敷地が広く、バーベキュー広場やテニスコートや池や芝生広場もありました

月 223


月 224
わんこもOKみたい

月 230


月 232


月 233
本当ならここには花嫁花婿さんがいるのかもね

月 235
こちらは室内の最上階にあるチャペル

月 237


フラダンサーの友達は芝生をみると踊りたくなるようで・・・

月 239


月 240


朝の新鮮なパワーを充電し、これからの長距離ドライブよろしく〜

朝食を済ませ、伊勢動から名古屋のあたりをぬけて中央道へと高速を進みます

やっと諏訪湖が見えてきました

月 244


富士山も見えてきました

月 246


月 249
ここまでくればもちょっと、頑張って

月 250


こうして、二泊三日の初長距離ドライブ旅行は楽しく幕を閉じました

友達にはホントお世話になりましたがとっても楽しかったです

懐かしい音楽もいっぱい聴いたし、飽きることなく車内も過ごせました

女子旅にはお菓子がつきもの・・・

お菓子をつまみながら、歌を聴きながら、ぺちゃくちゃおしゃべりしながら・・・

若い子に戻ったような感覚でした

夢のような三日間をプレゼントしてくれてありがとう

東京に戻ってから赤福が届きました

赤福は賞味期限が短いので、日にちを指定し宅配をお願いしました

便利な世の中になりましたよね〜

月 253


おしまい



女子旅 お伊勢参り 2日目続き

この日は暑かったので、滝の水しぶきや水の音が涼しげでした

汗びっしょりかきながら、清流沿いを歩きます

歩いても歩いても最後の滝に着かなくて・・・

こんなに歩いたのは久しぶりです

でも、自然っていいですね

月 174


月 179


月 180


月 183


月 186


月 188


月 190


月 191


月 203


月 206


月 208


月 209


途中でここを管理しているおじさんに会いましたが、最後まで行って帰ってきたら「早いね」と褒められました

それはそうです、行きは写真を撮りながらところどころ立ち止まりましたが、帰りは一気に下ってきましたから・・・

今日泊るホテルに明るいうちに辿り着くように頑張りました

赤目四十八滝を後に、一路、宿泊先目指してGO

ホテルに入るとハロウィンの飾付が・・・

月 212


先ほどまでの自然とは正反対の豪華なロビーです

青山ガーデンリゾートホテルローザブランカは、今年4月結婚式もできる豪華な雰囲気にリニューアルオープンしたそうです

月 213


月 216


月 215
フロントはローザブランカにちなみ、大きな白薔薇の飾り

私達の予定では、夕飯は近くに食べに行こうと言っていたのですが、ホテルの周りにはお店が何もなくて、結局ホテルで食事をすることにしました

松坂牛とか伊賀牛とか美味しいお肉を食べようと言っていたのですが、ホテルで食事を予約していなかったので、「洋食のレストランは満席、17:30から和食ならお席が用意できます」と言われ、前日に引き続き同じような会席料理を頂きました

今日一日の疲れを温泉で癒し、明日はひたすら高速道路を甲府へ帰ります

友達には申し訳ないけど、明日も頑張ってね

助手席から応援させて頂きます


















女子旅 お伊勢参り 2日目続き

ここは伊賀、伊賀といえば忍者ですね〜

その昔、忍者が滝修行をしたという赤目四十八滝は、一番最後の滝まで往復3時間ぐらいの渓流沿いトレッキングコース

すれ違う人々は、足元にトレッキングシューズをはきリュック姿の本格派が多かったです

せっかく来たのだから一番奥まで行こうってことになり、昔の忍者修行が始まりました

マイナスイオンをたっぷりあびてきました

月 169


月 172


月 173

女子旅 お伊勢参り 2日目続き

荒祭宮を後に歩いていくと・・・

月 147
御酒殿と由貴御倉

月 148
御池

月 151
御厩 内御厩と外御厩では皇室から奉られた神馬が飼育されています

大山祇神社と子安神社
月 156


月 154


月 155


内宮の参拝が終わったころには太陽もすっかり高くなっていました

月 158


鳥居をくぐり伊勢神宮ともお別れです

ホテルへ戻った時には、なんと朝食時間終了間際で、「あと5分で閉店です」と言われてしまいました

二日目の今日は、伊勢から伊賀へ向かいました

ホテルが連泊できなかったので、明日の移動距離を少し短縮できるように、今日の宿泊は伊勢よりも少し甲府に近くなりました

その前に、忍者が修行したという滝へ私達も修行に行きました

駐車場から赤目四十八滝の入り口まで少し歩きます


月 163


月 164


チケットセンターの手前に、「へこきまんじゅう」というお店があります

ここは、伊勢の友達が「絶対食べてね」とお薦めのお饅頭屋さんです

「へこきまんじゅう」なんて面白い名前だと思いながら食べてみると、さつまいものお菓子でした

名前の由来が理解できました

月 165


ここで入場料を払い、いよいよ滝巡り開始です
月 166


さんしょううおの展示場の中をぬけていく順路になっているので、天然記念物の大さんしょううおも見ました
月 167


続く


女子旅 お伊勢参り 2日目続き

御正宮で参拝を済ませ、木立の中を歩いて・・・

月 130


御稲御倉の前で一礼し・・・
月 133


御稲御倉は、お米の神様である稲魂が祀られ、神宮神田で収穫された御稲が1年分、納められています

外幣殿を右へ・・・
月 135


外幣殿は、御稲御倉に隣接し、古神宝類が納められ、神々に捧げられる御神宝は、式年遷宮により20年に一度新しく作り直されます

唯一神明造りの建物を間近で拝見できます

さらに先に進むと・・・

荒祭宮へ

月 143


月 137
新旧二つ並んでいます

内宮には、宮域内に荒祭宮、風日祈宮の2つの別宮があり、別宮とは、御正宮に次ぐ格式の高いお宮のことです

荒祭宮は、天照大御神の荒御魂をお祀りしています

御正宮では感謝を捧げ、個人的なお願いごとはこちらでするとよいそうです

月 146



続く












女子旅 お伊勢参り 2日目続き

五十鈴川御手洗場でお清めをし玉砂利を歩いて行くと、五十鈴川を守る水の神様「滝祭神」があります

月 115


その後、宇治橋を小さくしたような鳥居のある檜橋、風日祈宮橋を渡り、別宮の風日祈宮へ

月 116


月 117


風日祈宮は外宮の風宮と同じく風の神

月 118


月 119


清々しい風を感じながら、人生にもよい風が吹くよう、また、悪しきものを吹き祓っていただけるよう、お祈りをします

奥に進むと御正宮が見えてきました

月 123


月 124
月 127


写真撮影が許可されているのは石段の下までです

巨木に覆われた30段あまりの石段を登り御正宮へ

天照大御神を祀る御正殿はもっとも清浄な聖域である内院にあり、板垣、外玉垣、内玉垣、蕃垣、瑞垣と五重の御垣に大切に守られています

一般の参拝は、外から二つ目の門にあたる外玉垣南御門の前まで

御正宮では個人的なお願いごとをするより、感謝の気持ちを捧げるだけがよいそうです

太陽の恵みにただ感謝します

月 128


20年に一度建て替えられた新しい社殿

次回の式年遷宮にも参拝できたらいいなぁ・・・

パワーと癒しを感じる巨木

月 131


自然の恵みってホントありがたいです


続く

女子旅 お伊勢参り 2日目

今朝は早起きして内宮の参拝に行くことにしました

地元のお友達も「早朝なら内宮前の駐車場におけると思う」って言ってたのに、みんな考えることは同じだったみたいで、駐車場に入るために長〜い車列ができていました

月 098


月 099


鳥居の前では、たくさんの人が太陽が上がるのを待っていましたが、私たちは先へ進みました

俗界から聖界への掛け橋といわれる宇治橋を渡り神域へ

月 101


宇治橋を渡ると、右手に玉砂利を敷きつめた参道が伸び、緑豊かな神苑が広がっています

ここに放し飼いのニワトリが・・・

月 106
きっと、時を告げるために、大切な役割があるのかも・・・

第一鳥居をくぐり、右手に降りていくと五十鈴川の御手洗場

月 111
この川の水で手を清めてから参拝するのが本来の作法との事





続く

女子旅 お伊勢参り 1日目終了

やっと、外宮へ辿り着きました

月 060


伊勢神宮へのお参りはまず外宮から

正式には富受大神宮というみたいです

外宮は伊勢市の中心に近く、JRまたは近鉄の伊勢市駅から徒歩5分ほど

2007年の御木曳行事の際には、ここから外宮まで材木を奉曳車に積んで運んだのでした

御木曳とは、神宮の式年遷宮で用いられる材木を運ぶ行事の総称です

内宮は五十鈴川をそのまま遡って運ぶので「川曳」、外宮は宮川から引き上げ奉曳車に積んで運ぶので「陸曳」と言います

外宮に祀られている富受大御神は、食物をはじめとするあらゆる産業の
守り神

私達の生活の基盤を支えてくださる神様なんです

第一鳥居をくぐり、玉砂利を踏みしめながら参道を歩きます

参道の真ん中は神様が通る道なので、私達人間は端を歩きます

第二鳥居をくぐると、右手に板垣に囲われた御正宮が見えてきます

月 062


こちらが今までの御正宮
月 061


20年ぶりにお引越しをされた新しい御正宮 ひのきの香りに癒されます
月 064
写真が撮れるのは鳥居の前まで、中は撮れません

御正宮には四重の御垣がめぐらされた1番奥に富受大御神をお祀りする御正殿があり、一般の参拝が許されるのは外側から二番目の御垣の前までです

純白の絹の御幌の向こうが、御垣内と呼ばれるもっとも清浄なる神域で、次回は是非とも御垣内参拝をしたいと思います

外宮は地球の神様なので現世的なお願いごとをいろいろ何でもきいてくれるそうですが、内宮では太陽の恵みに感謝するつもりでお参りするのが良いそうです

内宮に祀られている天照大神様の太陽の恵みによって、私たち人間は生かされていると本に書いてありました

内宮へは明日早朝参拝することになっているので、二見輿玉神社で今日の参拝は終わりです

月 080


月 086


月 089


月 090


月 082


月 083
夫婦岩

月 078


海と夕日がとてもきれいでした

長〜い一日でしたが、とても充実していました

今晩のお泊りは「千の杜」です

月 092


食事も温泉も良かったです

皆さま、いろいろお世話になりました

女子旅 お伊勢参り 1日目続き

お腹もいっぱいになったので、いよいよ参拝開始です

月 051
佐瑠女神社

月 055
猿田彦神社

月 053


佐瑠女神社は猿田彦神社の境内にあります

ちょうど結婚式が行われていました

月 054


月 056


こんなところで人生のスタートをきれるなんて素敵ですね〜

猿田彦神社は、初めの一歩(スタートをきる)の神様なので、これから二人で生活を始めるにはぴったり





女子旅 お伊勢参り 1日目続き

おかげ横丁やおはらい町では、地元の人(友達の友達)のお薦めをいろいろ食べました

まずは、ここのコロッケが美味しいというので、揚げたてのアツアツを頂きました

人気のお肉屋さんのコロッケに行列ができてました

月 026


次は、赤福ぜんざい
月 029

月 030


次は、チーズ棒(さつま揚げのチーズ入り?)
月 033

月 034


次は、漬物屋さんでお口なおしにきゅうりの一本漬けを食べ、ここ伊勢にしかないという柿(伊勢天然記念物連台寺柿)がカットされていたので食後のフルーツに頂きました

月 035


実家のお土産に、柿となすの浅漬けと大根のごま漬けを買いました

朝6時に甲府を出発し諏訪湖SAのスタバでコーヒーとエッグマフィンの朝食後は、何も食べずひたすら伊勢を目指していたので、伊勢に到着した時がちょうど私達のランチタイムでした

ホントはお参りしてから、おはらい町やおかげ横丁を歩くのが順序みたいだけど、時間的にお参りより先にここでの食べ歩きを昼食にしました

そんな時に聞こえてきた太鼓の音

月 036

月 037

月 038


力強い太鼓の音色が体中に響き渡りました

なんだか浄化された感じ

日本の神話を上映する芝居小屋もありましたが、時間の関係で中に入るのはやめました
月 041


月 040


この後、彼女達が案内してくれたのは牛串のお店

ここも芸能人も来たことがある人気のお店らしく行列ができてました

月 043

月 045
一番安い500円の串 ちょっと食べてしまったのでホントはもう一つお肉がありました

今回の旅では、松坂牛や伊賀牛などブランド牛が多い土地柄なので、美味しいお肉を食べようと言ってたのですが、結局この牛串1本だけになりました

お肉の次はお魚です

ここのひもの屋さんの試食が人気らしく、私達も並んでさんまのひものを頂きました
月 046


伊勢神宮にも献上している地元伊勢の酒蔵白鷹
月 047

月 048


父のお土産に大吟醸白鷹と麦焼酎えんやを買い、夫はビール派なので別の酒屋さんで伊勢の地ビールを買ってみました

やっと、おはらい町とおかげ横丁の散策が終わったので、これからお参りに行ってきます

伊勢神宮では最初に外宮をお参りしてから内宮に参拝する順番があるので、内宮はここから歩いても行けるのですが、外宮方面へ車で移動です

続く

Profile
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ